合格率の高い大学受験対策|適切な勉強法で苦手な英語を克服

女の人

短期大学の変遷

学生

よりアカデミックに

短期大学の定義は、大学教育の内、深く専門の学芸を教授研究を行い、職業並びに実生活に必要な能力を育成する機関とされています。その修業年限と3年以下と定められています。かつての短大は、女子教育の花形とも言われてきました。しかしながら、2000年に入って、短大の数は著しく減少しています。大学へ進学する若者の多くが、アカデミックな環境を求めて、4年制を進学先として選択するようになりました。4年制大学と競合する学科の短大は、多くが4年制へと改組しています。これまで、短大のカリキュラムは、4年制の内容の3分の2ほどの単位が割り当てられていました。4年制より短い年限で卒業できるメリットはありましたが、故に勉強の内容としては不十分という考えが否めませんでした。そのため、女性を含む多くの若者が4年制大学を目指すようになりました。しかし、日本の短大が全く消えてしまうことは考えられません。短大でしか学べない特殊技術や伝統芸能など、特色を持った学校は逆に志願者を増やしています。また、4年制と競合するような学科でも、生き残りを賭けて、カリキュラムの改革を行っています。定義内容にもある実践的な学問を多く取り入れたことで、受験の競争率が高くなった短大もあります。実際の内容として、専門学校とも競合するようになりましたが、基盤となれアカデミックな環境はそのままです。今人気を高めている短大の多くが、就職に有利を売りにしています。