合格率の高い大学受験対策|適切な勉強法で苦手な英語を克服

レディ

試験の合否を左右します

英語

適切な勉強法を身につける

大学受験において英語は重要になります。合否を左右するといっても過言ではないでしょう。大学受験の英語は適切な勉強を続けることにより、誰でも成績を伸ばすことが出来ます。まずは英単語や熟語を正しい暗記法をマスターするようにしましょう。単語を覚えるためには100個の単語を一気に覚えるのではなく、1日10個ずつ細かくわけて覚えること効率が良いです。覚えた単語は何度も復習することにより、脳に定着させることが出来るでしょう。そして文法や構文なども一気に覚えるのではなく、しっかり把握しながら復習しながら覚えておくようにしましょう。これらの単語や文法をマスターした後に、長文読解にとりかかるようにすると良いでしょう。長文は単語と文法と構文把握を集めたものにすぎません。主語や述語、修飾語がどれかを見分けることが出来るので、速読が出来るようになるでしょう。長文の問題を解くときには、構文把握を意識して行うことが大切になります。これをマスターすることにより、瞬時に文章を読むことが出来るようになります。英語長文の勉強をするときには、辞書を使いながら問題を解くことはおすすめできません。大学受験の本番で成功するためにも、常に本番を意識した英語の勉強方法を取り入れる必要があります。本番ではもちろん辞書を使うことが出来ないので、分からない単語が試験に出てきても自分で意味を考えることが出来る力をつけておくようにしましょう。大学受験に合格するためにも、長文を解く時には制限時間を設けるようにすると良いでしょう。

学生

短期大学の変遷

現在、日本の短期大学の数が減少しています。よりアカデミックな機関を求めて、多くの若者が4年制大学を目指すようになったためです。しかし、逆に人気を高めている短大もあります。そこでしか勉強できない特殊なカリキュラムを有している短大が、競争率が上昇しているのです。

メンズ

予測しておく

中学受験や高校受験での面接は、事前に練習しておくと安心です。学校で先生を相手に練習しておきましょう。また、質問内容も予測しておけば、回答を準備できます。志望動機や将来の夢などは聞かれることが多いので予測しておきましょう。

婦人

自分が選んだ理由を明確に

就職活動を行う学生にとって、最も難関となるのが志望動機です。企業側は志望動機を聞くことで、自社にマッチしている人材であるかどうか、一緒に仕事をしたいと思える人材かどうかを知りたいのです。また、なぜ自社を選んだのかその熱意を知りたいという意図を企業側は持っています。